弔辞の帽子

オーダーメイドで弔辞のお帽子を2つつくらせていただきました。

ブログ用 ブログ用②
こちらは、トップ部分をシルクの薄い生地でドレープをだし、
サイドにはピリッとしたリボンを飾りました。
ベールは短めに設定しています。

ブログ用 ブログ用2
こちらはバックにリボンを動きをつけてのせていきました。
ベースの生地はすこし凹凸で模様のあるシルク生地です。
ベールは目にかからないぐらいの設定です。

つくるのに、少し力がいりました。
まず、黒い生地のうえでは黒い糸が見えない、です・・・。
トーク帽はほぼ手縫いで細かいところまで仕上げていきますので、
すぐに糸を目で追えないのは、やっぱり少しずつ作業が大変になるんですね。

という、実作業での難しさと、かぶっていただくことを想像すると、という部分です。
他の帽子もですが、つくっているうちに、かぶっている場面を想像します。
夏の暑い日に半袖で、冬の寒い日のコートに、などなど。

弔辞の帽子は、かぶる日はかぶられる方にとって、かなしい日かもしれない。
感謝や誇り、満ち足りた気持ち、たくさんの感情を、悲しさと一緒に抱く日かもしれない。

そんなことを、ぼんやり思っていたと思います。
つくっている最中は、言葉にしないのではっきり意識はしませんでしたが。
仕上がったとき、「ホーッよかった、できた!」と思いました。

これから帽子が経験するかもしれないシチュエーションを想像して、
要するに、悲しい気持ちに引っ張られるなんて、作り手として未熟だな、と思う気持ちと、
既製品を売るわけではないんだから、これでいいんだと思う気持ちがあります。

どんな風にかぶっていただく帽子でも、
そのときのその人の姿と気持ちに馴染むように寄り添える帽子をつくりたいな。

そんなことにはっきり気がついた、弔辞の帽子づくりでした。

お客様には気に入っていただけたようで、ほんとうに良かったです。
ほんとうに嬉しいです。
ありがとうございました。

 

カテゴリー: 未分類 | 弔辞の帽子 はコメントを受け付けていません。

九月、ひと休み中です

気温があまりあがらない日が続いていますが、
このまま、夏は終わっていくのでしょうか。

さて、先日、展示会でいただいていたお仕事、すべて納品することができました。
お買い上げいただいたみなさま、本当にありがとうございます。
一部をご紹介させてください。

ブログ用
ドットのキャノチェ(大人用)

ブログ用② ブログ用
ソレイアード生地を使ったクロッシェ(大人用)

りんちゃん斜め後ろ  さりちゃん後ろ
お孫さんたちへ贈りものとしてつくらせていただきました。
2つ並べると、ハイジとクララみたい。
おてんばさんとおしゃまさんへ。

つくらせていただいているときは、その人のことを何となく考えています。
知っている方は特に。
似合うようにデザインすることも考えますが、
その人のエピソードや、会話や表情を思っている気がします。
つくっているので、はっきりとではなく、なんとなくうっすらとです。
(決して念などは込めてないので、ご安心下さい!)

作り上げたときは、似合いますように、とやっぱり思います。
喜んでくれたらいいなぁ、とも。

次は、久しぶりにつくらせていただいたトーク帽をご紹介します。

カテゴリー: 未分類 | 九月、ひと休み中です はコメントを受け付けていません。

すてきなお客さん

今日は、お客さんとお会いしての打ち合わせをさせていただきました。
先日の展示会で、展示した帽子以外の、大人用の帽子をご注文いただいたのです。

その方は、スマートな立ち振る舞いで、笑顔が柔らかく、
いくつかの笑顔の種類を持っていて、こちらの話しを良く聞いて下さる、
きっと決断力もありそうな、つまり、とても素敵な大人の女性でした。

短い時間で、私の準備不足もある打ち合わせでしたが、
やっぱり、お顔の上にのせる帽子は、お会いしてつくらせていただく大切さを実感しました。

育児中ということもあり、美しいもの(それは美術品でも、映画でも、小説でも)を
なかなか探しに・見に行けないため、インプットしたものを咀嚼して
帽子にのせていくことができないなぁ、なんて思っていました。
(あ、でも娘と行く公園の光はとてもきれいですし、
娘と行く場所で会うお子さんたちの個性も素晴らしいです。)

でも、大人の帽子の場合、持ち主となる方からの仕草、笑顔、選んできているお洋服、などから、
たとえば、飾りのリボンはシンプルだけどバランスがピッとあるところに決まったものがいい、など
感じるところはあって、それって、一番重要なインプットですよね、と。
とても重要なことに気がつきました。

魅力的なお客さんからいただく想像。
それを帽子にしてお返しできること。
それっていいなー・・・!

やっぱり、展示会のように直接お客さんとお会いする機会をもうけたほうがいい。
これまでそれぞれの生き方をされてきた人たちがかぶる大人の帽子は特に。
で、魅力的なお客さんは魅力的なものしか買わないので、
素敵な帽子を作れないと出会えない。

ふむふむ。

ふーむむ。

がんばろう!

カテゴリー: 未分類 | すてきなお客さん はコメントを受け付けていません。

ヴィンテージソレイアード生地の帽子

ブログ用

先日、ブログでも書きました、主人の妹さんにつくらせていただいた帽子です。
プロヴァンスフェアでアルシュジャポンさんが販売していたヴィンテージの
ソレイアードの生地から妹さんが選んだもので仕立てました。

きれい。
すごくきれいなよい青に美しい模様です。
この生地は端布でしかなくて、もうあまりお目にかかれないものだそうです。

存在感のある帽子になりました。
きっと、お似合いになると思いながら、発送しました。

喜んでいただけますように!

 

カテゴリー: 未分類 | ヴィンテージソレイアード生地の帽子 はコメントを受け付けていません。